映画

「愛のむきだし」を見て感じた3つのこと

更新日:

お正月だから、ということで見ました愛のむきだしを見てきました。

個人的な感想、ネタバレ含み有りです

あらすじはウィキペディアから

クリスチャンの家庭に生まれた男子高校生の本田悠(通称:ユウ、配役:渡部篤郎)と2人で幸せな生活を送っていた。幼くして亡くした母親の「いつかマリア様のような人を見つけなさい。」という言葉を忘れずに。
後に、父テツに愛人カオリ(渡辺真起子)ができ、聖職者でありながらもカオリに没落していく。しかしその愛人カオリも去り、ショックのためか父の性格は一変する。ユウはテツから毎日「懺悔」を強要されるが罪を何も思い出せず、父との繋がりを失いたくないがために、しまいに様々な罪作りに励んだ。その中でひとつ、父に許されることのないキリストの教えに反する罪があった。それは、女性の股間ばかりを狙う「盗撮」。
ユウはテツにヘンタイと殴られるが、これこそが愛だと感じる。そしてユウは盗撮の様々な技術を身につけるが、ついに父から懺悔を拒否されるに至った。父への執着心を愛と感じ取る感性が、ユウを盗撮のプロに仕上げていくが、それでもユウは全く性欲を感じなかった。
しかし転機が訪れた。ユウが探し続けていた「マリア」との出逢いがあった。その女性は、ユウの目の前で、不良少年たちと戦ってくれた、女装していたユウ(通称:サソリ)に恋をした。
2人は初めて恋心を知ったのだった。ユウはヨーコを想うと勃起が止まらない。ヨーコもサソリを想えば胸が痛くなり、初めてオナニーを覚えた。
数日後、突然、テツはカオリと再会し、「一緒に暮らし、神父をやめて結婚する」と語るが、そのカオリには連れ子がいた。それがヨーコだった。ヨーコはサソリに恋をするも、その正体が兄ユウだとは気がづかず、ユウを毛嫌いする。ユウの混乱は加速度を増し、想いを押し殺すようにして盗撮を続けていた。
その頃、膨大な会員数を誇り、営利を貪って、高層ビルまでを所持する悪の教団「ゼロ教会」という謎の新興宗教団体が世間を賑わせていた。教祖の右腕の女・コイケ(安藤サクラ)は何を企んでいるのか、ユウとユウの家族に近づき始めた。しまいにコイケは、ヨーコに自分がサソリだと思わせ、その後、家族丸ごと洗脳した。家族の不信感を払拭できず、家を出て行くユウは、新興宗教団体「ゼロ教会」との戦いを挑むことになった。
新興宗教団体「ゼロ教会」の信者のコイケは、父親への嫌悪感が原因の男性不信に陥っていた。その衝動が、懐かしい家族の風景を自らの手で壊した。
ユウは新興宗教団体「ゼロ教会」に洗脳されたヨーコの心を取り戻すべく全身全霊を傾ける。

この映画の個人的な感想を3つまとめると

  1. 満島ひかりのパンチラ満載(百合要素もあるよ☆)
  2. 宗教怖い・人間も怖い
  3. 長い

1

これが今作の大部分だと思う。
ラシーン満載です。
満島ひかり出てから一気に見れました。


・・
・・・

嘘です。一気には見れませんでした。
長かったので一回寝ました。

1

初まりからおわりまで宗教の話が根本にあるのですが
新興宗教であるゼロ教団にたいして主人公の西島くんがずーーと奪還作戦を行うんですね。
満島ひかりを助け出すために。
途中に「変態でもこっちに、現実に戻ってこい」
みたいなセリフを西島くんが満島ひかりにはくシーンがあるんですが、
なんかエゴすげえなって。
どんな形であれ、本人や周りが幸せを感じているのに、自分の価値観でそれを否定して壊すというのは果たしてそれが正しいのかどうか。

たしかにゼロ教会のやっていることは褒められたことじゃないけど
最後、教会が破綻したみたいなのですが自分のエゴのために他の幸せにしてる人まで不幸にするのは正しいのか

1

4時間ぐらいあります
長いです。
最後、満島ひかりが全部気がついて大好き、愛してるーってなって終了なのですが。
園子温らしくない変なまとまり方に違和感を覚える。

1

意外に見始めるとすんなり見れてしまうので、
西島くんのさわやかな笑顔が狂気に感じる前半がすごくおもしろいのでお時間あるときはぜひ見てみてください

愛のむきだし

愛のむきだし

  • 発売日: 2015/09/28
  • メディア: この商品を含むブログを見る

-映画
-,

Copyright© Dahilia-Lagoon , 2019 All Rights Reserved.